AKIRA KURISU Role Activation Div

MY MISSION

個性が潰されない世の中をつくる

- MY PROFILE -
事業家【Role Activation Div】
2020年アドバンサーに新卒入社。Job College事業部、PT事業部にて事業のノウハウを1から学ぶ。その後、入社以前より抱いていた【個性が潰されない世の中を作る】というミッションを達成するべく2021年4月にRole Activation事業部を設立。新たなプロジェクトへ向けて事業創造に取り組んでいます。

亡き祖父と将棋

日々の暮らしの中で、否定ばかりされて、生きる自信を失ってしまってはいませんか?
私も当時、その中の1人でした。
私は幼少時代から目立ちたがり屋で、学生時代には応援団長やクラスのリーダーなどに立候補し、何事にも率先して取り組んでいました。

しかし亡き祖父を偲ぶために始めた「将棋」によって、私は目立ちたがりな自分を押し殺す様になったのです。

そのきっかけは中学1年生の三者面談。
祖父が他界して間もない頃、私は祖父と多くの時間を過ごさせてくれた将棋と、1人向き合っていました。
祖父との思い出を蘇らせてくれる将棋は、私にとって大切でかけがえのないものでした。
しかし、担任の先生にこういわれたのです。

「将棋なんてあなたらしくない。昔の栗栖くんの方が良かったよ。」

私はこの言葉に酷く心を痛め、言葉を返す事が出来ませんでした。
その後も、先生だけはなく友人からも言われるようになり、私はそのたびに心を痛めては何も言い返す事が出来ませんでした。

「将棋をやっている僕はだめなのか」

自分のやりたい事に対して周りはそれを受け入れない。そんなジレンマに悩まされました。
今思うと自分の為を想って心配してくれていたのかも。

ですが、当時の私にとってはその否定的な言葉1つ1つが酷く心を蝕みました。

 

甦る想いの先に

月日は流れ、大学生となった私は、幼少期と比べて周囲の否定的な言葉を受け流す術を身に着けると共に、ある疑問を持つようになりました。

受け入れられる事とそうではないことの違いって何だろう。

その答えを求めるかのように、趣味のヒッチハイク旅を通して様々な人と出会い、人生を通した話を聞きました。
そんなある日、ヒッチハイク中に出会ったお兄さんこう言われました。

「社会は個性を求めるけれど、わからないものは抑圧し、殺してくる」

私は過去の自分を思い起こしながら、その言葉の意味を理解しました。そしてこうも思ったのです。

“わからないものから、わかるもの”へと変換させるきっかけがあれば応援されるようになるかも。

そう思った瞬間、自分の中に使命感みたいなものが込み上げてきました。

それぞれの学びを未来へ継なぐ

そんな使命感を燻ぶらせつつ、入社した会社アドバンサーでは自分の想いを事業を通して体現させることが出来ることを学びました。

そして私は今、新卒社員初の事業部長となりその一歩を歩み始めています。

 

私はこの想い胸にまずは個性を活かせる組織をつくります。
そして、より多くの人が自分という個性の活かし方に気付き、能力を十分に発揮出来るビジネスを生み出していきます。

否定された事で結果を出すことで、関わる人に肯定という選択肢を与えるきっかけを作る。
そうすることで自分の思い描くユートピアを生きる人が1人でも多くなっていく気がします。

BUSINESS SECTION

担当領域

Role Activation Div

ルーキーが創る期待の組織

設立:2021年4月
理念:個性が潰されない世の中をつくる
社員数:1名
事業:モバイル販売支援事業
展開拠点:関東

PICK UP MEMBER

事業家メンバー

CONTACT

お問い合わせ

VIEW MORE
RECRUIT

リクルート

VIEW MORE