新卒/中途採用

New Recruitment

新卒/中途採用について

業務内容

<大手携帯キャリアショップでのカウンター営業業務>
●ご来店されたお客様への接客
●お客様のニーズにあったサービス・プランの提案
●携帯電話契約事務業務
●店頭・店内イベントの企画・運営

働き方・給与

<渋谷ヒカリエオフィス在籍>
給与:225,000円〜260,000円+インセンティブ賞与(固定残業手当15時間分含む。23,000円〜26,000円)
<大阪オフィス在籍>
給与:215,000円〜260,000円+インセンティブ賞与(固定残業手当15時間分含む。22,000円〜26,000円)
<福岡オフィス在籍>
給与:200,000円〜235,000円+インセンティブ賞与(固定残業手当15時間分含む。21,000円〜24,000円)
<札幌オフィス在籍>
給与:200,000円〜235,000円+インセンティブ賞与(固定残業手当15時間分含む。21,000円〜24,000円)
<仙台オフィス在籍>
給与:200,000円〜235,000円+インセンティブ賞与(固定残業手当15時間分含む。21,000円〜24,000円)

時間:シフト制(休憩60分/実働8時間※店舗により異なる)

キャリアアップについて

アドバンサーでのキャリアアップは事業部毎に用意されております。3〜4名のメンバーをマネジメントしメンバーの成長とチーム目標を達成する「チームリーダー」。3〜4のチームをマネジメントしチームの成長とエリア目標を達成する「エリアマネージャー」等、事業部によって役割も様々です。その中でも特徴的なのが、役職は立候補選挙制によって決めている事業部が多いこと。その詳細は事業部面接でご質問いただければと思います。

福利厚生

ホイミ制度(かかった医療費を会社が負担します!※詳細規定あり)
バースデー休暇
配偶者のバースデー休暇
お子様のバースデー休暇
結婚祝金、出産祝金、見舞い手当
親孝行応援プラン(高級リゾートホテルの割引)
その他、法定内福利厚生(育休、産休等)

アドバンサーの福利厚生は、アドバンサーで働くことで公私の生活に安心が提供できるようこれからも設計していきます。

ご家族の方へ

〜ご挨拶〜
アドバンサー株式会社 代表の藤田 純です。
生まれは東京の杉並区で、その後すぐに父の実家の北海道に移り、高校卒業まで自然豊かな土地で育ちました。
現在、父は祖父が創業した稼業を継ぎ、町興しのためにラジオ局を立ち上げたり、市議会議員になったりするなど、今もまだ現役で活躍しています。
母は介護福祉機器のレンタル事業や、NPO法人に加盟し、ご高齢の方々を介護する活動を通じて地域貢献を行っています。
私にも現在、息子と娘がおります。
大切な家族の一大イベントである「就職」。
保護者様としては気になる点が多々あるかと思います。
アドバンサー株式会社は、創業7年目のベンチャー企業です。
大手企業と比べると、保護者さまに対して安心頂ける材料が少ないことは自覚しています。
今、このメッセージをご覧いただいているということは、大切なご家族の方がアドバンサーへの就職をご検討されていることかと思います。
ご家族のご決断を応援したい半面、心配な気持ちもあるかと思います。
もちろん大手企業に比べれば劣ることは否めませんが、少しでもご不安な要素を払拭できれば幸いと思い、執筆させていたしました。

 

〜経営状況〜
アドバンサーは創業時より赤字決算は一度もなく、売上高はもちろん、純資産も順調に上昇しています。
また、現在借り入れもなく無借金経営にて事業を拡大している状況です。
経常利益率は10%超えと、この業界・業種において非常に優良状態にあります。
コロナ禍においても100%の休業手当を支給し続ける金銭的な体力と、何よりも社員を第一に考えた経営を行なっております。
主要取引先としてKDDI様と業務提携を結んでおり、共倒れリスクは極めて低い状態にあります。
また、株主は年商100億を超える独立系通信企業等から多くの出資を受けており、強力なバックアップ体制を保持しています。
帝国データバンクの点数についても、創業初年度は30点と低い評価点でしたが、今では58点と日本の企業の平均点数47点を大きく上回っています。

 

〜さいごに〜
私は大学を卒業して大手企業に就職しました。
世の中の大手企業がすべてそうではないと思いますが、私の就職した企業は、いわゆる「労働者」としての生き方を強いられる企業でした。
やりたいことも、自分の時間も、すべて会社に支配されていました。
当然、雇用や給与など労働者として守られていることはたくさんありました。しかし、私はそんな不自由な生き方が、涙が出るほど悔しく、飛び出してしまいました。
親には大学まで行かせてもらって大手企業に入社したにも関わらず、結果として退職してしまい、非常に申し訳ない気持ちになったことを覚えています。
しかし、2児の子を持つ親となった今は、親は子に自分の望む生き方を、そして誰にも支配されない自由な人生を選んで欲しいと願うものだと実感しています。
あの日あの時の決断は、親から授かったこの人生を全力で生きるための決断で、最高の親孝行をしたのだと、今では胸を張って言えます。
お子様がアドバンサーに入社していただけることになれば、きっと多くの人を助け、自身の幸せを作っていくビジネスパーソンへと成長を遂げることでしょう。
アドバンサーにはその環境があります。

取るに足らぬ情報も中にはあったかと思いますが、少しでもご不安を払拭できていたら嬉しく思います。

 

アドバンサー株式会社
代表取締役 藤田 純

ENTRY

エントリー

CONTACT

お問い合わせ

VIEW MORE
RECRUIT

リクルート

VIEW MORE