HITOMI MURANO Empathy Training Div

MY MISSION

自分に自信を持てる人を1人でも多く生み出す

- MY PROFILE -
事業家【Empathy Training Div】
2017年10月にアドバンサーに中途入社。Human Solution事業部を細田執行役員と共に立ち上げ、統括部長兼au特販SV・研修講師として驚異的な実績を残した後、Empathy Training事業部を設立。現在では、モバイル事業、研修事業の二軸で形成されており、事業部長自らが現役活躍中。このモバイルが私に自信を与えてくれて、【天職】と言える仕事となりました。

正社員になってやる!

「自分自身を好きになれること」

言葉で表現をすると、シンプルですが実際は中々難しいですよね。

私は、自分を好きになること。自分に自信を持つ事が、人生においてどれだけ尊いものなのかを知っています。

 

幼い頃の私は、今と比べて引っ込み思案。自分の意見を口に出すのを躊躇うほど、周囲の反応に敏感でした。自分自身の心を満足させる事に意識を向ける事がないまま社会に出た私。待ち受けていたのは、過酷な労働と冷たく厳しい環境に打ちひしがれる日々でした。

「そんなことも出来ないの?頭を使って自分で動きなさい」

突き放されるようにも感じたその言葉は、当時新人だった私を孤独にさせました。社会に出たら誰も助けてはくれないんだ。そう心の中で思いながら、寂しい気持ちを押し殺して生きました。

育成トレーナーとしての始まり

月日は流れ、気付けば長く続けた通信業界の中で、店舗内の新人教育を担う立場になっていました。しかし「教えて貰う」という経験が無かった私にとって、毎日が手探りの日々。何をどう教えることが相手の為になるのか分からないまま、ひたすらに新人の子と向き合っていました。

そんなある日、別の教育担当が新人の子を叱りつけて、泣かせてしまったのです。その光景を目の当たりにした瞬間、私は教育担当に向かってこう口にしていました。

「貴方はその子を育成したいの?それともいじめたいの?」

言い終えた瞬間、私は自分の言葉にハっとしました。今までの長い年月、私の心の奥底にあったやり場の無い思いが言葉となった感覚があったのです。

この出来事を通して、私は自分の過去を振り返りました。サポートの無い環境に身を置く辛さ、仕事仲間と言葉を交わすことさえ出来ない寂しさ。

私の持つ様々な経験は、1つの選択肢として次の世代を支えるサポートとなるはず。そう思えた時、これからやるべき育成の形が見えたのです。

 

その先に見ているもの

育成のゴールはその子の成長に繋がることだと、私は思います。それは単に、知識を押し付けることではありません。

”個性”という言葉があるように、人によって成長に繋がる育成の形は異なるのではないでしょうか。

私は今、”育成をする人”を”育成する”仕事をしています。その人に寄り添った育成が出来る人を増やす、それが私の挑戦です。

助けが欲しい時、先輩にどう頼れば良いのか分からないという悩みを持つ新人さんは多いと思います。それと同時に、新人時代にどんな教育を受けるかで、自分に自信を持てる人になるかも決まるでしょう。

教育というコミュニケーションを通して、人と人が触れ合えば孤独だってきっと癒される。誰かが自分を見てくれてある安心感が、前へ進む自分への自信に繋がる。

私がその1人だったから。

そんなきっかけを、1人でも多くの人に伝えることが私の使命です。

BUSINESS SECTION

担当領域

Empathy Training Div

育成、教育のプロ集団

設立:2019年4月
理念:自分に自信を持てる人を1人でも多く生み出す
社員数:12名
事業:モバイルストア運営研修事業 / モバイル販売支援事業
展開拠点:関東

PICK UP MEMBER

事業家メンバー

CONTACT

お問い合わせ

VIEW MORE
RECRUIT

リクルート

VIEW MORE